冊子印刷後の冊子の使い道を考えていく

冊子印刷をしただけでおしまいではありません。印刷した冊子を上手く活用して利益に結びつけていくことが大事です。そのため、内容をしっかりと書いておく必要もありますし、どのような時に配布をするのかのタイミングも必要です。どのような使い方にするかが決まっていなければ考えることです。また、他の人がなんのために読むのかを考えることです。それぞれの使い方に合わせて冊子作成の形が変わってくることがサイトを訪問すればわかります。作成後のことを描くことが出来れば、自分たちの活用の仕方についてもイメージを描くことができます。もしも大勢の話をする場で配るにしても、受付時に配るのか、それともテーブルに座った時に配るのか、事前に配っておくのかによって、その後の流れも変わってきます。配布をするための人が必要になったり、お金がかかったりと、段取りを組んで進んでいくことになるのです。どのようにしたら利益に結びついていくのかを考えていかなければ、手間をかけた分を回収していくことができません。利益を上げるための仕組みにするのであれば、その冊子がどのような人に、どのような情報を提供するために作られているのかから考えていかなければなりません。そう考えていくと、冊子を作る前に、確認作業を何度も繰り返すことになります。そのような作業を終えて初めて人の役に立っていくのです。せっかく作るのですから、役立たてせるように作ることです。単に時間をかけたくないから依頼をするのではなく、仕組みの1つとして、作成をするために作成をしていくことを心がけていかなければ、冊子作成のために時間を確保しようと思えなくなってしまいます。他にもやることは沢山あります。

しかし、他の作業の中で行わなくてもいいこともあるはずです。そのような時間を、冊子を作成するための時間に回してしきましょう。利益に結びつく作業に時間を当てて、作業をしていかなければ、いつまで立っても利益を上げていくことができません。もちろん、冊子を作ることも利益を上げることができる仕組みを作っていくことも簡単なものではありません。

しかし、1つ1つの作業を積み重ねていかなければ、感性することもありません。どのようなイメージになれば、理想的なのかを考えながら、それに近づけることができるように一歩一歩踏み出していくことです。手応えのあるものを作っていくためにも時間をかけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です