冊子印刷の成功は、何処に頼むかでほとんど決まってしまう。

良いデザイナーを囲っているところが最低条件だ。もちろん、良い企画を提案できるところも必要になってくる。企画の提案が良くて、デザイナーが良ければ、ほぼ成功したと言えるほど、条件は整ってくる。印刷技術などは二の次だ。今では、それほど出来の悪い印刷所というのは珍しいし、そんなところはほとんどすでに淘汰されている。印厚にとって、一番十四なのは、それを手がけるデザイナーの技量だ。写真のレイアウトや大きさ、書体やサイズなど、冊子の印象を最大限に引き出すことが可能なデザイナーに仕事を依頼出来ればまず問題は無いはずだ。構えrまんの腕も必要だが、ある程度はデザイナの技量でカバーすることが出来る。カメラマンの腕を生かすも殺すもデザイナー次第と言えるのだ。ページに対する写真のサイズや余白の取り方などで、カメラマンも驚くほど効果的なページを生み出すことが可能で、この辺りはデザイナーの度量が大きく物を言うところだ。そんな冊子印刷が出来る印刷所を選れ部のが至難の業ではあるが、冊子印刷を行う上で、予算が決まれば、手当たり次第に印刷所を見て回るのも一つの手である。過去の作品集を見れば、その印刷所の技量はある程度分かるのだから、これは重要な措置だと言えるだろう。

ページ数と綴じ方も考慮して冊子印刷の企画を。

パンフレットやカタログなどページ数の少ない冊子であれば、中綴じで印刷製本されるケース通常ですが、目安となるのはページ数です。使用する紙の厚さにもよりますが、数十ページを一つの目安に平綴じ、100ページ超になれば無線綴じを選択する場合もあります。冊子印刷はこの綴じ方一つで印刷方式も、編集の仕方、さらには丁付けの方法も変わってきます。中綴じの場合、背丁にデザインすることはできないものの、ノド部分まできっちり開くので見やすい利点があります。これに対して無線綴じは背丁に幅ができるのでタイトルなどを入れることも可能になりますが、背を糊づけしている分、ノドの部分が見にくい点もあります。この綴じ方は冊子印刷のポイントとも言えるのですが、印刷会社だけでなく、製本技術や製本会社の折り機械の選び方が重要になってきます。最近の性本技術では無線綴じと中綴じの良さを掛け合わせた製本技術が開発され、多頁の冊子印刷の応用されています。企画する際は冊子の中身もそうですが、冊子の仕上がりイメージをしっかり持つこも大切です。綴じ方一つでデザインも変わり、冊子全体のイメージやコスト自体にも影響してきますので、企画の際は印刷会社と相談することも大事なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です